【牛丼】話題の「日本一優雅な松屋」に行ってみた

カテゴリ:
ツイッターで話題になった「日本一優雅な松屋」に行ってきました。

PXL_20210918_060214309

◆話題のツイートはコチラ




◆どこにあるの?
地下鉄 烏丸御池駅から徒歩5分ほど、堺町通と御池通の交差点を北に入った所にあります。

◆何が特徴なのか?
・外観が和風の瓦屋根の外壁で囲まれた建物であること。(ホテルの1階テナントです。)

PXL_20210918_054357121


・日本庭園を見ながら牛丼を食べられること。

PXL_20210918_054630353

PXL_20210918_054410462


◆まとめ
・まだ新しい店舗なので店内もとてもきれいでした。

・まさに京都らしい周辺環境に配慮したお店で面白いと思いました。








【最大級】京都で一番大きな無印良品 トップ3

カテゴリ:
京都府内で売場面積が大きな無印良品の店舗ランキング トップ3【更新時現在】





◆1位◆無印良品京都山科【1190坪】
 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91 ラクト山科ショッピングセンターB1~2F




◆2位◆無印良品イオンモールKYOTO【550坪】
 京都市南区西九条鳥居口町1-12340 イオンモールKYOTO 2F




◆3位◆無印良品京都BAL【415坪】
 京都市中京区山崎町251 京都BAL5F



◆備考
・山科店は無印良品の食品スーパーもあります。生鮮食品や惣菜などもあり他にはない品揃えでした。

・イオンモールKYOTO店はワンフロアに広く、買い物しやすいです。また、イオンの駐車場は広くて停めやすいです。

・京都BAL店は、四条河原町のど真ん中にあり車でのアクセスはなかなか難しいと思います。ビル全体が洗練されたセレクトショップが多数集まっているので無印良品もなんだかここだけとてもオシャレな感じがします。







【びわ湖バレイ】京都から1時間で行ける絶景の避暑地

カテゴリ:
暑い季節に京都市内から1時間で行ける高原、びわ湖バレイに行ってきたので紹介したいと思います。

PXL_20210912_040919693


冬はスキー場になるびわ湖バレイですが【ジップラインアドベンチャー】【びわ湖テラス】ができて以来注目を集めています。

◆遠くないのか
ずっと遠いなあと思って敬遠していましたが、京都東インターから湖西道路(無料)で志賀インターまで40分、降りてすぐの所にあります。京都市内中心部からでも片道1時間でした。

◆気温は寒いのか
私が行った日の京都市内の気温が30℃、びわ湖バレイの温度は20℃でした。ただし、散策したり身体を動かす事が多いので防寒具が必要なほどではありませんでした。

PXL_20210912_021430663


◆色々と料金が高いのではないか
確かに高いと思いますが、京都から1時間で別世界の高原でのんびりできる事を思えば価値はあったと思います。土日料金で、駐車場が2000円、ロープウェイが1人往復3500円、びわ湖テラスでの飲食代で3000円と結局2人で12000円ほど使いました。しかし、びわ湖バレイ内のリフトは無料で乗れますし、ドッグランや遊具施設も無料で時間制限なしで遊べました。

PXL_20210912_032309710


◆何しに行くのか
・緑いっぱいの高原ですから散策するだけでもリフレッシュになりました。
・かなり広いですが無料でリフトも運行しているのでしんどくは無かったです。
・犬を連れて行ったのでドッグランが目的のひとつでした。土日でも早い時間帯だったので比較的空いていました。
・オシャレなカフェテラスがあるので楽しいですが、山上なのでメニューは少なかったです。ただロケーションは最高でした。
・登山客が中継地点として利用されていました。

PXL_20210912_021908838


◆まとめ
・特に街中が暑い日におすすめです。
・早い時間帯なら過密になることなくゆっくりできました。
・連休や長期休暇中は混雑するようなので少し時期を外した方がよいです。

◆公式サイトはコチラ










【持ち帰り】ラーメン二郎京都店のテイクアウトセットを買ってみた

カテゴリ:
ラーメン二郎京都店の公式Twitterで募集されるテイクアウトセットを注文してみました。

IMG_20210410_013648

◆テイクアウトセットとは
生麺3玉、スープ3人前、豚一本で2500円の持ち帰り専用セット。

Twitterのラーメン二郎京都店公式アカウントで募集のかかった昼夜営業日の10時から13時までTwitterのダイレクトメッセージで受付。受け取りは夜の部の営業時間中。

予定数を超えた場合は先着順。販売出来る方に返信が来ます。

※ラーメン二郎京都店公式アカウント



◆内容物

・麺×3玉
IMG_20210409_181136
・スープ×3パック【薄める必要はありません。】
IMG_20210409_180058
・豚×1本
IMG_20210409_181157
・ニンニク
IMG_20210409_181210

※ニンニクは募集要項に記載していなかったのでたまたま付いてきたオマケかもしれません。
※作り方のレシピなどは付いていませんでした。
※モヤシも付いていませんでした。

◆作り方
レシピが付いていなかったのでネットの情報等を頼りに自分で考えて作ってみました。うまくできたので載せておきます。

1.鍋2つにお湯を沸かす。
2.【鍋1】モヤシ(スーパーで購入)を1分30秒茹でて少し水にさらしてしめておく。
3.【鍋2】麺をほぐしながら茹でる。10分~15分お好みで
4.【鍋1】再度お湯を沸かし、沸騰したら火を止めてスープパックを湯煎しておく。
5.豚をスライスしてレンジで少し温めておく。
6.盛り付けたら完成。

IMG_20210410_013635

◆まとめ
・ラーメン二郎の麺はそう簡単には伸びないので長時間茹でたりあたため直ししても食べられます。

・量はかなり多いと思います。普通のラーメンの1.5倍から2倍くらいのボリュームがありますので1人前を2人で分けてちょうどいいぐらいだと思います。

・お店で食べるのと違って自由にアレンジできるのがメリットだと思います。豚を薄切りにして焼いたりネギを大量に入れたり一味唐辛子を入れて辛くしたりしました。

・冷めてきたら、そのままレンジに入れて温め直すとおいしくなります。

・迷っているうちに売り切れますので買おうと決めたら即断即決が大事です。

・スープパックは圧着部分を熱すると剥がれやすくなってくるので袋のまま寝かして温めると漏れてくる可能性がありますのでご注意ください。

◆お店の情報


IMG_20210409_181238

※入口は左側の通路からです。正面のドアは出口専用(テイクアウトの受け取り時はこちらから入店します)


















【大福ラーメン・吉祥院】昔ながらの背脂醤油ラーメンが懐かしかった

カテゴリ:
【京都人はどこでランチを食べるのか】
今回の注文品:ラーメン 700円

PXL_20210909_035611234

京都高野のラーメンストリートがブームになるもっと前、京都ラーメンといえば【背脂醤油ラーメン】が王道でした。

その頃から南区に大福ラーメンはあったと記憶しています。当時のお店を引き継いだお店なのか暖簾分けなのかわかりませんが、たまたま通りがかった事から大福ラーメンが吉祥院に現在もある事は発見していましたが、コロナ禍でしばらくシャッターが閉まっており中々来店する機会がありませんでした。

それが、たまたま営業している事を発見し昼食を食べた後でしたが思わず入店してしまいました。

ラーメンは昔ながらの京都ラーメンの味わいそのままで背脂は乳化していてスープの表面に滑らかに溶け込んでいました。豚骨などの臭みはほとんどありませんでした。

今流行の激辛・ドロドロ・てんこ盛りなど特徴的なラーメンではありませんが、昔食べていた京都ラーメンはこんなんだったなあと思えるおいしいラーメンでした。

たしか、昔の大福ラーメンではチャーハンもおいしかったことを記憶しているのでこの店でも次回に食べたいと思います。

◆お店の情報
大福ラーメン
京都市南区吉祥院石原町22-4



PXL_20210909_040349446~2

※支払い方法は現金のみでした。









このページのトップヘ

見出し画像
×